PacTechは社内でフォトマスクの設計を行うことが出来ます。RDL, 再パッシベーションをレイアウトするために、フィデューシャルに対するパッド位置を規定してあるマップデータが必要になります。 Pac TechではGDS II, ガーバーフォーマット, AutoCAD, DXFなどの形式の電子ファイルを取り扱うことが出来ます。
またRDLおよび再パッシベーションプロセスではいくつかのポリマーをご提案可能です。ポリマーの特性は以下の表をご参照ください。

BCB
(ベンゾシクロブテン)

WPR
(エポキシ)

PI
(ポリイミド)

比誘電率

2.65

3.7

3.4

誘電正接

0.0008

0.030

Tg (ºC)

>350

215

255

CTE

52

56

73

引張り強度 (Mpa)

90

90

101

ヤング率 (GPa)

2.9

2.2

2.4

密度 (g/cm3)

1.6

引張伸度(%)

8 6.4

18

吸水率 (%)

0.2

1.5

0.6

厚み (µm ± 1)

2 -11

5 – 25

2 – 6

露光タイプ

Negative

Negative

Positive

キュア温度 (ºC)

220-250 150

250-350

 

Suss接触式アライナ (MA8) Suss接触式アライナ (MA200) Blue Mキュアオーブン(DS266) Despatchキュアオーブン(LCC)
ma8 ma200 lcc

 

バンピングサービス (カタログダウンロード)

日本からのお問い合わせはこちら(お問い合わせ)

その他海外からのお問い合わせはこちら(お問い合わせ)